定期研修によって会社の企業戦略を理解してもらうことが出来る

社員の能力を向上させるなら定期研修が効果的

安定した売上と利益を確保し、規模を拡大し続けられる状況は理想的ですが、好調がずっと続くわけではありません。新規参入の企業が登場したり、ライバル企業に追い抜かれたりなど、様々な状況が予想できます。
しかし、現状に満足することなく常に上を目指す姿勢で社員に仕事をしてもらうようにすれば、長く好調を維持できるようになるでしょう。そこで、実施すると効果的なのが定期研修です。
一度だけ実施する研修よりは、1か月に1回や数か月に1回など、定期的に開催することによって社員の能力を向上させられます。新しい商品やサービスの開発は大事ですが、企業を支えているのは人なので、定期研修を開催して社員の能力を向上させるようにしましょう。

企業戦略の周知徹底を図りましょう

定期研修は社員の能力を向上させるだけの効果ではありません。たとえば、企業戦略の周知徹底を図るうえでも効果に期待できます。企業の方向性や目指すべき姿などを知らずに仕事に取り組むよりは、定期研修に参加して企業の戦略を十分に理解して仕事に取り組む方がモチベーションが高い分、生産性は向上します。
社員の少数だけが理解している状態よりも、全員が理解している方が同じ方に向かって動けるため、無駄は少ないです。定期研修を開催する場合に企業戦略をしっかりと理解してもらうためには、全社員が参加する場合と部や課の単位で参加する場合のパターンを設けると良いです。両方を組み合わせながら企業戦略を習得してもらえば、着実に成長できます。