定期研修によって会社全体の仕事の質が上がる

定期研修を効果的に行うために知っておきたいこと

人材育成を目的とした定期研修を実施している企業の数は日本中で増加していますが、会社全体の仕事の質を上げたい場合には、様々な立場の担当者が協力して研修のスケジュールを考えることが大切です。特に、新人や管理職を対象とした研修については、多くの企業で様々な取り組みが行われており、将来につながる研修のテーマを選ぼうとする傾向が見られます。また、従業員の数が多い企業においては、一箇所に従業員を集めて定期研修を行うことは難しいため、eラーニングや職場内での研修を中心に取り入れることも大切です。その他、定期研修のメリットやデメリットについて把握をするうえで、キャリアコンサルタントなどのプロに相談をしてみるのも良いでしょう。

社外の講師に定期研修を依頼するメリットとは

定期研修を意義のある機会にするために、社外の講師に定期研修を依頼する企業が増えています。特に、自社内に研修を担当できる従業員が少ない場合には、初めから社外の講師に研修をしてもらうことで、人件費を大幅にカットできることがあります。また、社外の講師の中には、様々な業界で第一線で働いた経験を持つ人も少なくなく、会社員として役立つ話を聞くこともできます。最近では、各企業の公式サイトなどに社外の講師による定期研修の様子について分かりやすく紹介されることがあります。そこで、教育効果の高さにこだわりながら定期研修の計画を立てるにあたって、前もって同業他社の研修の特徴についてじっくりと比較をしてみると良いでしょう。

階層別研修は役員や中堅社員、若手社員や新入社員など階層に合わせて課題を与えられ取り組みます。個々が階層ごとに求められている役割を自覚することが研修の主な目的です。