新人研修でまず教えるのは社会人としてのマナー

新人研修では実践的なマナーを教える

言葉づかいや挨拶など新人が覚えるべきマナーは数多くあります。そんな中でも新人研修で覚えると良いのが実践的なマナーです。社会人として配属されて、生活するためには様々なマナーが必要です。会社に来るときには服装が清潔かを確認します。会社に着いたら挨拶です。仕事ではメールにマナーがあります。上司との会話では言葉づかいに気を付けます。お客さんとの打ち合わせには5分前につくことがマナーになるなど、一日の流れを見るだけでも新人に必要なマナーはたくさんあるのが分かります。しかし、すべてを新人研修で網羅するのは難しいでしょう。そこで実際に使えるマナーで、最低限必須なものだけをピックアップします。限られた時間で新人を育て上げ、社会人として送り出すにはこの取捨選択が大切です。配属されてから覚えれば良いことは新人研修からは削除しましょう。新人研修では配属されて怒られないことが目標になります。

社会人としての生きていくためのマナー

社会人として学ぶべきマナーは挨拶などの基本的なものばかりではありません。飲み会でのマナー、人間関係のマナーなどは社会人として生きていくためには欠かせない技術です。新人研修ではこのようなマナーについても最低限教えておくと、辞めてしまうリスクを減らせるでしょう。新人が辞める理由で多いのが会社に馴染めないことです。人間関係が円滑にいっていると、悩みを相談できる先輩ができることがあります。しかし、先輩に可愛がられない新人になってしまうと、そんな相談をすることもできなくなるのです。新人研修に先輩から可愛がられるマナーなども取り入れると、配属されたあとに役に立つでしょう。このような社会人として生きていけるマナーを新人研修では教えることが大事なのです。

教育研修は自社社員が行わなくても、外部委託で専門に請け負っている業者を利用すれば業務への支障を減らせるため効率よく行えます。