新人研修で会社のきまりを教える

新人研修のよくある研修内容とは

企業に入社して初めて受ける新人研修は、これから仕事を始めるための基本ノウハウを学ぶ研修です。社会人として、最低限把握しておくべきコミュニケーションマナーや業務の基本知識は、この研修でしっかり身につけておきましょう。
企業によって研修内容は異なります。例えば、グループワークによる企画提案がその1例です。グループメンバーの役割を理解し、チームで協力し合いながら進めます。企業の中には、泊まり込みで研修を行うケースもあり、社員の人間関係形成も狙いのひとつです。
また、サービス業や接客業の場合は、実際の業務訓練を実施する企業が多くなります。来店客に対するマナーやクレーム対応の作法など、企業によってそのバリエーションは様々です。

新人研修でコンプライアンスを学ぶ

この新人研修で教わる基本ノウハウは、実務から社会人生活に関することまで幅広い内容です。例えばコンプライアンスは、どの企業でも重要視されるトピックですよね。したがって、社員は自社のコンプライアンスを把握しておかなければなりません。過去の事例などを交え、担当者が丁寧に説明してくれます。社会の関心も高く、コンプライアンス違反はニュースにもなっていますよね。うっかりミスを犯してから、知らなかったと言い訳して済む問題ではありませんよ。さらに大企業の場合は、投資の基本知識や口座開設方法を教えてくれる可能性もあります。
つまり新人研修では、これからの生活すべてに関連する知識を学べるのです。将来の基盤づくりだと認識し、積極的に参加してみましょう。

社員研修は社員や会社の成長を促すのが目的です。テーマによりプロの講師が存在するには理由があり、異業種のプロから意外な発見があることはめずらしくありません。研修後の勤務でフィードバックも大切に。