新人研修で教える事

新人研修でまず教えるのは社会人としてのマナー

言葉づかいや挨拶など新人が覚えるべきマナーは数多くあります。そんな中でも新人研修で覚えると良いのが実践的なマナーです。社会人として配属されて、生活するためには様々なマ…

新人研修で会社のきまりを教える

企業に入社して初めて受ける新人研修は、これから仕事を始めるための基本ノウハウを学ぶ研修です。社会人として、最低限把握しておくべきコミュニケーションマナーや業務の基本知…

オフサイトのユニークな社員教育

普段体験できない社員教育があります。異業種交流会で他業種のメンバーと問題解決や情報交換をしてスキルアップを図ります。

定期研修のよさ

会社にとって、優秀な人材を育てていく事が安定して利益を確保するためには必要です。そこで、定期研修を行うことで会社にとってさまざまなメリットがあります。これから定期研修の良さについてお話していくので、ぜひ参考にして従業員の教育に力を入れてくださいね。

定期研修によって従業員が成長することが出来る

定期研修によって会社の企業戦略を理解してもらうことが出来る

定期研修によって会社全体の仕事の質が上がる

新人研修で仕事内容について教える

新人研修を効果的に行うには

新人研修を通じて仕事内容をしっかりと教えるためには、指導をする側のスキルを高めたり、研修のプログラムを作ったりすることが大切です。特に、専門的な知識が要求される仕事については、新人が一通りの業務をこなせるようになるまでに一年以上の時間が掛かる場合もあり、それぞれの社員の能力や性格などに合った指導方法を心がけることがポイントです。また、新人研修の際には、座学だけでなくグループディスカッションなどの一人ひとりの社員が積極的に参加をしやすいテーマを導入することもおすすめです。その他、日々の業務の中で研修の成果を活かすために、継続して上司や先輩の社員がフォローを行ったり、新人に自己評価報告書を作成させたりするのも良いでしょう。

eラーニングを新人研修に導入するメリット

新人研修にeラーニングを導入する場合には、集合研修を行わなくても、業務の合間を縫って自主的に勉強に取り組むことができ、仕事に役立つ知識を自分のペースで習得することもできます。最近では、様々な職種の新人研修に対応できるeラーニングの教材が登場しており、それぞれの企業の事情に合うものを選択することが可能です。また、eラーニングを使った新人研修は、専門的な技術を習得する際には向かないこともあり、他の研修の方法と上手く組み合わせをすることが大事です。その他、一人ひとりの新入社員がeラーニングを使いこなせるようになるまでには、ある程度の期間が掛かるため、ゆとりのある研修期間を設定することがポイントです。